石川を代表する人気塾長たちが他では聞けない勉強や受験の情報などをこっそりと大胆にお伝えします

受験| 中学受験 | 公立高校受験 | 私立高校受験 | 高専受験 | 大学受験

知恵袋| 勉強 | 子育て | 部活

| 金沢地区 | 加賀地区 | 能登地区

第6回石川県総合模試解説【英語】

高校受験生の皆さん、こんにちは。

英語担当 グッジョブの中富です。

第6回の模試が終わって、ラスト2回。次の7回で志望校を最終決定!

早いものですね。

第5回と比べて、易しかったですかね。
だから、みんな大変でしたね。

平均点が前回42点、
今回は60点ぐらいだそうです。

何のテストでもそうですが、得点からはよくできたのか、
できなかったのかは判断できません。

必ず平均点と比較してください。

それでは、人気校の目標点を表にします。

  第5回(平均42) 第6回(平均60)
泉丘 70 85
二水 60 80
桜丘 58 76
錦丘 52 70
金沢西 45 65
明倫 40 60
伏見 38 58
小松 60 80
小松明峰 55 75
七尾 60 80
羽咋 50 70
金商・市工・県工 40 60

前回の60点は大喜びしていい点数です。今回の60点は平均点なので他の科目でカバーしないといけないレベルです。

では、大問ごとの出題ポイントや攻略ポイントを、平均点を目指す人と、
80点以上を目指す人に分けて書きます。

大問1・2

平均点を目指す人は、
リスニングと2番で8割取れます。今回は簡単でした。43点

中、34点目標です。

次に 80点以上を目指す人は満点が目標です。

そのために、リスニングをよく聞き、メモし、大問2は丁寧に解く。

大問3・4

今回は、3・4の資料付き長文問題も易しめでした。

いつも、資料問題が、最近の総合模試を難しくしていましたが、今回の【大問3】は「来日する日本人の数」というよくある話題で、グラフも表も読み取りやすかったですね。

【大問4】はテーマは「きれいな水を飲むことができる人の割合」とやや難しかったのですが、あまりグラフは使わない設問でした。じゃ、何のための資料?って言いたくなりますが、実際の試験でも、よくありますよ。他の科目でもね。

いつもは英作文の正答率が10%以下が多く、時々5%未満も当たり前でしたが、今回は20%の問題があったり、ラスボスの英作文も全問正解者は5%(いつもは1%以下)でした。

平均点を目指す人は、ぜひ解説冊子の本文の訳を参考に、英文がなぜそのような訳になるのかを1文1文考えてみてください。それが終わったら、英文だけみて訳が言えるようになるまで、何度も繰り返してください。英語が苦手な人が真剣にやると、2時間や3時間では終わりませんが、終わった頃にはかなり実力がついています。

80点以上を目指す人は間違えた英作文の解答例を暗記しましょう。

今回のような易しいテストの時は、みんなそこそこできるので、ミスをした人が偏差値ダウンになります。同時にトップ層の人の偏差値が上がりにくくなります。

これらのことを考慮に入れて、模試の結果を見てくださいね。その前に、復習は大切ですよ。

次は、第7回。冬休みにラストスパートです。

プロの力が必要なら、学習塾協議会加盟塾にお任せください!

グッジョブの中富でした。

 

全アクセス数
全アクセス数
292
今日のアクセス数
今日のアクセス数
1
0

塾の先生

管理人管理人 (262)

管理人です。よろしくお願いします。