石川を代表する人気塾長たちが他では聞けない勉強や受験の情報などをこっそりと大胆にお伝えします

受験| 中学受験 | 公立高校受験 | 私立高校受験 | 高専受験 | 大学受験

知恵袋| 勉強 | 子育て | 部活

| 金沢地区 | 加賀地区 | 能登地区

塾長分析会2019年度第2回金沢市統一テスト

学習塾協議会いしかわの塾長6人で、2019年度第2回金沢市統一テストを分析しました。

◆中富淳・・・進学塾GOODJOB

◆近藤源太・・・アクティブ

◆松川光邦・・・スクールIE野々市北校

◆岡正弥・・・一新ゼミ

◆寺下寛亮・・・LC総合進学塾

◆中島雄一・・・中島塾

国語

中島『第1回と同じく、「70字以内」「70字以内」「55字以内」「50字以内」という文字数の多い記述問題がたくさんありました。』

松川『大問2・3のいわゆる現代文は大変だったと思いますが、大問4の漢文書き下し文はやや易しかったですね。特に難しい部分が大問5の会話文の中に入っていましたから、ここを活用できればさらに読みやすかったことでしょう。』

中富『大問4問5の会話文は、先に読めば内容が分かったと思います。』

岡『第1回のときの平均点は46点でした。今回も近くなりそうです。』

近藤『漢字は簡単ですね。』

寺下『漢文書き下し文はフィクションなんですよね。最後の最後でアレって思った受験生も多かったかもしれません。』

理科

中島『2018年度第2回平均63点、2019年度第1回平均51点ですけど、今回の理科はどうでしょうか。文章量がすごく多かったですね。』

岡『石川県総合模試や第1回金沢市統一テストにしっかり取り組んだ受験生たちにとっては、想定の範囲内の出題だったと思います。』

中富『天体は大問6でしたね。内容はオーソドックスでした。』

近藤『大問5や大問6などの後半の計算問題が難しかったと思いますが、全体を通して見ると定番問題が多くて、練習した子が報われる良問でした。』

寺下『国語や英語の方が難しいと思います。』

松川『確かに国語よりは平均点が高くなりそうです。』

英語

中島『2018年度第2回平均52点、2019年度第1回平均56点、大問3の英単語数340語、大問4の英単語数574語でした。』

中富『受験生の顔ぶれが全く同じ2019年度第1回の平均56点に近い感じになると思います。』

松川『大問4の問3は難しいですね。』

岡『塾生たちに聞いたら、リスニングスピードや分量は普通だったとのことでした。』

寺下『リスニングが難しいと平均点が大幅に下がりますよね。』

近藤『大問2の適文補充は易しかったと思います。大問3・4に入る前にしっかり取っておいてほしいです。』

社会

中島『社会は難しかったという声が多かったですね。2018年度第2回平均55点、2019年度第1回平均55点でした。』

松川『これは難しいですよ。』

近藤『大問4問3小千谷ちぢみはあまり見たことないですね。』

岡『大問5問3教育勅語も答えにくい問題と言えます。』

寺下『ただ記述問題は定番のものが多く、対策勉強をしっかりやった子は点数が取れたはずです。』

中富『大問2問2は難しかったですね。』

数学

中島『数学は2018年度第2回平均46点、2019年度第1回平均58点でした。今回の問題はそんなに難しいものはありませんでしたね。』

中富『大問1で取りこぼしのないようにしてほしいです。』

寺下『大問8(2)は難しいですねぇ・・・。』

岡『大問4の連立方程式は文章が長いので、読解力のない受験生には読みにくかったと思います。』

松川『大問1(3)の反比例の変化の割合は難しかったと思います。』

近藤『大問6の規則性ですが、(1)(2)は書けば答えられますし、大問7の図形については、(1)が分からなくても(2)はできます。その辺、テスト力(りょく)ですよね。』

全アクセス数
全アクセス数
601
今日のアクセス数
今日のアクセス数
1
3+
(最終更新:2020年1月19日)

塾の先生

管理人管理人 (235)

管理人です。よろしくお願いします。