石川を代表する人気塾長たちが他では聞けない勉強や受験の情報などをこっそりと大胆にお伝えします

受験| 中学受験 | 公立高校受験 | 私立高校受験 | 高専受験 | 大学受験

知恵袋| 勉強 | 子育て | 部活

| 金沢地区 | 加賀地区 | 能登地区

第6回石川県総合模試解説【数学】

2020年第6回の石川県総合模試【数学】の問題分析&解説です。

模試の問題を手元に置いて読んでください。

数学の必ず解いてほしい問題

大問1 【小問集合】
   (1)は全体的に容易な問題。
   (2)は左辺に第3項が無く、等式の右辺に数字があるものを移行して考えれば容易。
   (3)は文字式に代入して下位を求める問題。
    文字式は「出来るところまで式を簡単にしてから代入する」のが鉄則です。。

大問2 【資料の整理】
    石川県の入試では大問1の(5)に毎年出されているが、何年に1回は大問で扱われます。
   (1)表1から読みとるだけなので、これを落としてはNG。
     

大問3 【二次関数】
   (1)変域を求める問題。
    二次関数の場合、xの変域が「0またぎ」の問題が出されることが多い。
    「0またぎ」の時のyの変域は最大値、もしくは最小値が「0」。
    もう片方はxの絶対値の大きい方に対応します。

大問4 【方程式の文章題】
    難易度としては容易だが、文章量が多いことが問題。
    配点が大きいのでこれを落とすとかなり痛い。
    問題文をよく読み、前から順番に立式していこう。
    減点を防ぐために、途中計算もしっかり書きましょう。

大問5 【作図】今までは「垂線・垂直二等分線・角の二等分線」だけで求められる問題ばかりでしたが
    入試ではそんなに甘くありません。今回は正方形は全ての角が90°であることを利用して解く。
    直線OAは角の二等分線なので、「その角をつくっている2つの線から等距離である」ことが
    わかっているかがPOINT。
    であればOA上の点Aを通る垂線を作図し、二等分線を書けばよいことがわかります。

大問6 【平面図形】
   (1)OEに線を書くと、△ABFと△EOFが相似であることがわかり、その比は2:1です。
    そうなればFB:OF=2:1。DOはそれに繋がる対角線なのでBO:DO=1:1.
    とすればFB:OF:DO=2:1:3。よってDO:OF=3:1となります。     

大問7 【立体図形】
    (1)「ねじれの位置」とは「接しない」、かつ、「交わらない」ということ。
    今回の場合は辺ABに接していない辺は1つだけです。

以上、毎回言っているように、大問1と各大問の(1)だけで42点の配点、作図を入れれば50点の配点となります。
50点以下の人は自分の解答する手順や確認をもっと確実に行うなど、戦略を見直す必要があるでしょう。
テストは『解ける問題を確実に、失点しないように取る。』ことが重要です。
基本的な単元の理解を疎かにしないようにしてください。

 

 

難しい問題の解説

今回のテストでも図形問題の大問6・7が難しかったのではないでしょうか。
まぁ、大体のパターンとして大問6・7の(3)は難度が高く、時間もかかってしまいう問題となっていることが多いです。
だからと言って『捨てる』ことを前提にしてはいけません。途中点のあることも頭に置いておきましょう。

大問6(3)
この問題では四角形OFEIを分割して考えることがPOINTとなります。
四角形OFEIを△OFEと△OIEに分けて、それぞれを比を利用して面積を出すことが一番いいでしょう。
△DBEの面積は△ABEの面積に等しいので8×2×1/2で8㎠。
その半分が△OEB。△OFEは△OEBをOF:FBで分ける比に等しくなるのでDF:FB=3:1、DO:OB=1:1よりDO:OF:FB=2:1:1であることがわかります。
するとOF:FB=1:1となり、△OFEの面積は△OBEの1/2となります。よって「2」となります。
次に△OEDは△DBEをDO:OB=1:1で分けたものとなり、△OIEは△OEDをDI:IEの比で分けたものとなります。
よって8×1/2×2/5となり、面積は8/5㎠
この2つを足して面積は18/5㎠となります。

大問7(3)
この問題では全体の三角錐から2つの三角錐を取り除く考え方で解くのがベストでしょう。
全体の三角錐の体積は6×6×1/2×9×1/3=54㎤。
下部にある三角錐E-DBCの体積は6×6×1/2×2×1/3=12㎤。
上部の三角錐は底面を△AMEか△ANEとすれば高さが容易に出せるので仮にN-AMEとします。
△AMEの面積はAEを底辺と考えれば7㎝。高さはAEから点Mまでの距離となります。
BDの長さが6㎝、MはABの中点なので高さは半分の3㎝ということになります。
これらを用いて考えると△AMEの面積は7×3×1/2=21/2となり、三角錐N-AMEの体積は21/2×3×1/3=21/2㎤となります。
あとは計算だけとなり、63/2㎤と求めることが出来ます。

この問題のPOINTは∠ADB=∠ADC=∠BDC=90°であることです。。
90°であることから高さの計算が容易にできることに気づけば、そんなに時間をかけずに解けるでしょう。


大問6(3)、大問7(3)ともに正答率は低いと予想されます。
が、実際はそこまで難しくない問題なのです。演習を重ねて、自分の引き出しを多く持ってください。

 

進学塾スパイクプラス 野村

全アクセス数
全アクセス数
379
今日のアクセス数
今日のアクセス数
1

塾の先生

avatar for 管理人管理人 (274)

管理人です。よろしくお願いします。