石川を代表する人気塾長たちが他では聞けない勉強や受験の情報などをこっそりと大胆にお伝えします

受験| 中学受験 | 公立高校受験 | 私立高校受験 | 高専受験 | 大学受験

知恵袋| 勉強 | 子育て | 部活

| 金沢地区 | 加賀地区 | 能登地区

第2回石川県総合模試(英語)でガツンと点を取る方法!!



受験生のみなさん、こんにちは。

グッジョブの中富です。 

今日は、英語で成績を上げるために最も簡単な方法をお話します。

1位を目指しているみなさんにも、

英語が苦手で苦手で仕方ないみなさんにも、

これは効きます。

 

それは・・・

単語を覚えることです

英語の学習は単語で始まり、単語で終わります。

文法よりまず単語です!

効果が期待できないのは、すでに、教科書の単語が全部書ける人だけです。

中学校の教科書では3年間で1000語以上の単語が出てきます。

その中のよく出る太字だけで良いので、

80点以上を目指す人は

書けるようにしましょう。

うろ覚えはダメ! 

完全にスラスラ書けないといけません。

「入試の傾向が変わった」とか、「模試の傾向も、統一の傾向も変わる」とよく言われていますね。

一言でいうと 英語で書く問題 が増えているのです。

 

10年前までの入試は単語を書けなくても、意味だけ把握してそれを日本語で書けば点が取れました。

今は、単語を書けないと、OUTです。

オートって読んだ人。コラっ。

 

平均点を目指す人は、

意味を覚えましょう。

模試の大部分を占める、長文の意味を理解しないと始まりませんね。単語の意味を覚えたら、どんな英語の問題を解いても意味がわかるようになりますよ。

授業も、模試も、実力テストも、、、全てが楽しくなり、グングン成績が上がります。

まずは単語の意味。

今日のブログは

単語 単語  単語・・・とうるさいですが、

やはり英語の学習は、

 ●単語の意味

 ●単語のスペル

 ●単語の発音

単語三兄弟を知らないと始まりません。

 

第2回について、他の科目の先生みたいに書いて!!と言われそうですが、だって範囲とかそんなん予想できませんからねー。

電流が出たらピンチとか、文化史でたら急に点が下がるとか、漢文で大量失点という人は、お盆休みにそこだけ20時間くらい勉強すればいいだけですが、英語はピンポイントで勉強することができません。

ですから、単語。やっぱりそこです。

 

どうしてもと言うなら、書きましょう。

対話文と長文問題の語数が増えることは確実です。

第1回は入試より短かったです。対話文と長文合わせて1000語ぐらいでした。他の科目もそうですが、いきなり入試と同じだと、みんなできないので、最初は簡単に作られています。そして少しずつ難しくなります。

実力をつけても、つけても、問題は難しくなる。周りの受験生も勉強する。だから、それ以上に君が頑張らないと偏差値は上がりませんよ。

英語で言うと、第1回は短く、第2回で少し増え、3回でまた増え、4回以降は入試と同じくらい(両方で1800語くらい)の長さになります。なんと1.8倍!!

入試の長文が長くなった一昨年も、去年もそうでした。

だから、知らない単語があり、考えていてはいけないのですよ。

全アクセス数
全アクセス数
110
今日のアクセス数
今日のアクセス数
1
(最終更新:2018年8月12日)

塾の先生

管理人管理人 (143)

管理人です。よろしくお願いします。