石川を代表する人気塾長たちが他では聞けない勉強や受験の情報などをこっそりと大胆にお伝えします

受験| 中学受験 | 公立高校受験 | 私立高校受験 | 高専受験 | 大学受験

知恵袋| 勉強 | 子育て | 部活

| 金沢地区 | 加賀地区 | 能登地区

【2018年 第5回】石川県総合模試 模試ゼミ 数学

【2018年 第5回】石川県総合模試 模試ゼミ 数学

金沢教育アカデミー  能瀬 一善

 

みなさん、こんにちは。

答案も返却され、さらに見直しを行なっていることだと思います。

今日は、先日行われました、模試ゼミの様子をお伝えいたします。

まず、参加された受験生のみなさん、ありがとうございました。


誰でも平均点以上は取れる!


今回の石川県総合模試の数学は、平均が39.8点でした。

見たこともないような平均点ですよね。

しかし、冷静に見てくださいね。

いつも模試ゼミでお伝えしていることですが、

まず、大問1の小問集合だけで30点も配点があるのです。

特に、(1)のア〜オは、基本中の基本の計算問題です。

ここで間違えているようでは、絶対に高得点にはなりません!

(2)〜(5)までに関しても、難しい問題ではありません。

語句の意味を正確に捉えていないと曖昧になり、

計算ミスや適当な解答を書いてしまうことが起こります。

例えば(3)が顕著だと思われます。

変化の割合とは何か?

一次関数なら、比例定数であり、直線の傾きですよね。

二次関数なら、二次関数上の2点を通る直線の傾きですよね。

そこが曖昧になっているから、二つの事柄がイコールにならないわけです。

 

さらに、大問2、3、6、7には(1)の問題がありました。

これも基本中の基本、もっと言えば、サービス問題ですよね。

これは、各3点の配点、3点 × 4問=12点

よって、大問1と上記の点数をたすと、42点にもなるんですよ。

ほ〜ら、今回の平均点を超えましたね。

数学は苦手という受験生は、しっかりと語句の意味を理解した上での、

計算練習をしてください、計算を少しでも早くできるようにするために、

時間を意識することをお忘れなく。早く、正確にですよ。

 


相似について


図形となると、極端に苦手意識を持つ受験生が多いのではないでしょうか?

確かに、石川県の公立高校の入試問題などは、難問が存在します。

そこで時間を取られると、他の問題まで手が回らなくなってしまいますので、

飛ばす、もしくは後に回す勇気も必要です。

さて、相似な図形の比や長さを求めるときに重要なことは、

平行な辺を持つ、対になった三角形を見つけるのが基本です。

これを「ちょうちょう」と呼ぶのでしたね。

要は、求めたい線分比や長さを含んだ「ちょうちょう」を探せばいいわけです。

これでほとんどの比や長さが求まります。

今回の模試は「ちょうちょう」を使わずに、

共有角を持ち、平行線がありましたから、複雑な比を使わなくてよかったので、

練習していれば解けた受験生も多かったと思います。


複雑な比の求め方につて


「ちょうちょう」を見つけていくと、比や長さが求まると言いましたが、

中には、一つの線分について2通りの比の表し方ができる線分があります。

これを「連比」と言います。

こういうタイプの問題は、複雑になっていきます。

この問題の解き方は、模試ゼミに参加してくださった受験生のみの特典とします。

さらに、模試ゼミ受講生には、2つプレゼントも差し上げました。

使えるときは、積極的に使ってみてくださいね。

 

どんな授業をしているか、気になる受験生は、次回からでも模試ゼミに参加してみてください。

各教科、驚きの授業を体験できますよ。

 

頑張れ、受験生!

全アクセス数
全アクセス数
269
今日のアクセス数
今日のアクセス数
1

塾の先生

管理人管理人 (161)

管理人です。よろしくお願いします。